室内

狭さはむしろ長所になる|狭小住宅で快適ライフ

住人に応じた住まい

住宅

川西で選択できる一戸建ては多様です。デザイン性や機能性など、住人にとって欠かせないポイントから購入する住まいを絞り込んでみましょう。また日本で一戸建てを手に入れる場合、耐震性に力を入れている住まいを探すことが大切です。

もっと読む

住人が愛せる住まい

積み木

一戸建ては庭から駐車スペースまで手に入る魅力的な物件です。宝塚で一戸建てを必要としている場合、建売住宅や注文住宅を購入することができます。また宝塚で女性に嬉しい住まいを手に入れたい時は、室内の設備に注目しましょう。例えば家の中に簡易バーがあれば夜に外出することななくストレス発散できます。

もっと読む

狭くても快適なマイホーム

室内

コストの安さを重視

東京はヒト・モノ・カネが集積する巨大な集積地であり、当然ながら土地の価格も高額です。そのため、マイホームの実現には多額の費用がかかります。しかし、そんな東京でも工夫次第では低コストで満足度の高い住空間を確保することができます。その1つの手段が、狭小住宅です。狭小住宅について、どの程度を持って「狭小」かということに関しては明確な基準はありません。ただし一般的には、通常サイズの家族向け戸建て住宅を建てるには適さない程度、具体的には15坪(50平方メートル)以下の敷地に建てられた住宅のことを指します。実際に東京の街を歩いていると、このような狭小住宅をしばしば見かけます。そこには、広さは十分でなくても快適に暮らせるためのヒントがたくさん詰まっています。

ファミリーにも十分な設計

現在、狭小住宅は注文建築ばかりでなく建売住宅においても人気を集めています。人気の理由はいくつかありますが、やはり中心となるのは価格の安さです。通常ならば住宅建設に適さない敷地に建っているわけですから、その分だけ土地価格は割安となります。もちろん郊外に行けば同じ価格でもっと広い住宅を取得することも可能ですが、その分交通の便が悪くなります。東京の都市機能を満喫するライフスタイルの実現と費用負担のバランスが取れた住まい、それが狭小住宅なのです。狭小住宅は広さの制限上カップル向けが中心ですが、3人家族・4人家族などのファミリー物件も存在します。3階建て、ルーフガーデン、地下室など間取りや工法を工夫することで十分な床面積を確保することが可能です。

情報収集は入念に

一軒家

新築住宅には建売住宅と注文住宅の2つがありますので、大阪での購入をお考えの際はそれぞれの違いを把握して選ぶようにすべきです。さらに、注文住宅の場合は土地も自ら見つける必要があります。不動産の知識も勉強しておくか、専門家の協力を得ることで失敗のない土地選びを心がけましょう。

もっと読む